ファッション通販イマージュネット

税込5,400円以上ご注文で送料無料・初めてのご注文も送料無料!

ETHICAL ACCESSORY Phuhiep(フーヒップ)

ETHICAL ACCESSORY  Phuhiep  ─ フーヒップ ─

大人っぽく、でも気負わずカジュアルな毎日にも似合うもの。
シンプルで、その中に何気ない存在感と個性を感じるもの。

身につける人が持つ空気感をプラスすることで100%になるような、どこか"未完成"な存在でありたい。
自分らしさを大切に、しなやかに力を抜いて生きる大人の女性に選ばれるアクセサリーです。

About Phuhiep >

About Phuhiep

FAIRTRADE & ETHICAL ACCESSORY
自立支援のために生まれたエシカルアクセサリーブランド

私たちは、ベトナム・フエ省にいくつか存在する元船上生活者の居住地域のうち、フーヒップという地区内にある
コミュニティー(当時)で育った若者や子供達を支援する目的でプロジェクトをスタートしました。
ここで育った多くの若者は貧困を理由に学校教育が受けられないばかりか、家計を助けるために「麻薬に使用された
注射器があるような場所でのゴミ拾い」や、「交通事故の危険に晒されながら一日中歩き続ける宝くじ売り」、
「売春宿や長時間労働を強いる違法工場への人身売買」の犠牲となる現実があります。

彼らが不当な労働に就かなくていいように。学校に通い教育を受けられるように。そして夢を持てるように。

安定した仕事を提供することで人身売買などのリスクから守り、生活の自立を支援するため、
私たちは10代後半~20代前半の女性たちへ職業訓練をおこないます。そして、職人として成長した彼女たちが丁寧に作る
アクセサリーを日本などの先進国で販売することでフェアトレードを推進しています。

ベトナム フーヒップの定住区

ベトナム フーヒップの定住区について

今では少なくなりましたが、かつてフエには多くの船上生活者がいました。 ベトナム戦争時に南政府の兵士として戦った人やその家族など被差別民としての扱いを受けてきた彼らは、充分な市民権すら与えられず陸地で土地を持つことができないため川に浮かべたボートの上で暮らすしかなかったのです。 そんな彼らがフーヒップにある定住区へと強制移住させられたのは1999年のこと。フエ観光地化政策の一環でした。 元船上生活者の多くは教育を受けずに育ったため、定職に就くのは簡単ではありません。 次第に将来に希望を持てなくなった大人たちは、窃盗やギャンブルに走り家庭内暴力も絶えなくなったのです。 そんな場所で生まれ育った子どもたちは家庭の中でさえ安らぐことはなく、ささやかな夢を抱くこともありませんでした。

Phuhiep(フーヒップ)のアクセサリーはベトナムの貧窮地区で育った女性たちによるハンドメイド

Phuhiepのアクセサリーはベトナムのアトリエで作られています。

Phuhiep(フーヒップ)のアクセサリーは、ベトナムの貧窮地区で育った女性たちによるハンドメイドです。
デザインと材料は日本から送り、繊細な手仕事はトレーニングを受けた現地の女性たちが担当。 そして、その商品を
日本などの先進国で販売しフェアトレードを推進することが、作り手の自立へとつながるエシカルアクセサリーです。